FC2ブログ
ようこそ。ごゆっくりお過ごしください☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
002_20090331173341.jpg
 以前、中央葡萄酒(株)が造る「グレイス甲州」を飲みましたが、08の日本のコンテストで最優秀賞を獲得するワインだけあって、大変すばらしいワインでした。特に和食との相性は抜群で、あらためて日本のワインの良さを感じた1本です。
 さて、今回のワインはその弟分のワイン「ヴィンテージ甲州06」。以前に飲んだときは、とにかく酸が強くて、「すっぱい」という印象でした。それからもう1年くらい経過したので、果たしてどんな味に変わっているのか・・・?
 確かに多少熟成が進んでいるのか、以前よりはやさしく、まろやかで、酸も穏やかになっていました。ワインの味わいの変化を再確認! 
【ワイン名】ヴィンテージ甲州
【生産地】日本 山梨 中央葡萄酒(株)
【葡萄品種】甲州
【価格】1260円だったかな?
gosyPOINT 88点
2009.03.31(17:34)|ワインコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
情報

プロフィール

gosy

Author:gosy
 サラリーマンの才能に見切りをつけ、早期退職。同じ取るなら面白い資格を、とチャレンジしたのが畑違いの「ワインエキスパート」。軽い気持ちで受けた結果は惨敗。こんな難しいことは絶対に無理、と半ばあきらめていたのが、飲み屋で後輩に尻をたたかれ、再度挑戦。
2001年「ワインエキスパート」取得、続いて、
2003年「ドイツワインケナー」(ドイツワイン通という意味)取得。
この頃より、ワインを販売しているお店の、商品紹介がどうも判り辛いと疑問に感じ、「こうなりゃ、現場に入れ」と現在チョッとこだわりのショップで修行中。
2005年「ワインアドバイザー」取得。
現在、さらなる「ワインの大衆化」に向け奮闘中です。
(このブログはホームページと リンクしています。http://dailywine.jp)

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ユーザータグ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。